1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫Yahoo!Wi-Fiがおすすめではない理由

Yahoo!Wi-Fiがおすすめではない理由

今回はポケットWi-Fi・モバイルWi-Fiについて、特に、Yahoo!wifiをお勧めできない理由についてお話します。

事実上通信制限がある

Yahoo!Wi-Fiの強みの一つとして「月間データ容量上限なし」というものがあります。どれだけデータ通信をしても、動画を見ても速度制限に引っかからないということです。

ですが、この強みには大きな弱点があります。それは、「AXGPのエリア」内でしか、適用しないということです。

実はこの「月間データ容量上限なし」はオプションの一つである、「AXGPモード」という高速通信に加入しなければなりません。

つまり、指定された「AXGPエリア」内で、AXGPモードを使う場合のみ、通信制限かからないということになります。

実際に、このエリアを見てみますと、所謂大都市圏(東京・名古屋・大阪等)では問題なく使えますが、首都圏でも千葉や茨城、栃木という地域ですと、かなり使えないエリアが増えてきます。
また、都内や神奈川県でも使えない地域があるので注意が必要です。

日本全体を見回してみると使える地域は非常に狭く、「データ通信制限無」といっても使えない地域が多いのが現状です。

料金は安くない

また、もう一つのメリットとして、Yahoo!Wi-Fiは、「料金の安さ」を掲げていることが多いです。公式サイトを見てみますと、「ポケットWi-Fi 業界最安値級!月額1,980円(税抜)」と大々的にアピールしています。見たことがある人もいると思います。税込みでも、2千円台ととてもリーズナブルに思いますが、実はそうではありません。401HWと502Wのかかる合計金額をお伝えします。

まずは、401HWですが、まず月額料金として、2,480円かかります。このほかに、ユニバーサルサービス代として、6円、Yahooプレミアム加入金額として462円、そして、「AXGPモード」を使うためのオプションとして「アドバンスオプション代」が684円かかります。「月額1,980円」のプランに加入するためには、Yahooプレミアム会員にならなければならず、また、「データ通信無制限」とするには「アドバンスオプション代を支払わなければなりません。
以上合計3,632円が月々支払う金額になります。

次に、502Wについてです。こちらの場合は基本プランがそもそも高めで、最初の半年は、3,696円、7か月~3年までが4,380円です。それにプラスしてユニバーサルサービス代として、6円、Yahooプレミアム加入金額として462円、アドバンスオプション代が684円かかります。
つまり最初の半年は、4,845円、7か月目以降は5,529円かかるということになります。

契約期間が3年と長い

最後のデメリットとして挙げるのは、「契約期間が長い」ということです。モバイル端末というのはスマートフォンと同様に、どんどんと最新機種が発売されるものです。

そのため、多くの携帯電話・スマホが2年契約ですし、Yahoo!Wi-Fiと同じモバイルルーターである「WiMAX」も多くが2年契約です。つまり、2年で契約を更新あるいは、変更をすることが多いわけです。

ですが、Yahoo!Wi-Fiの場合、契約期間が3年とかなり長いのがネックになります。3年間も同じ機種を使い続けるとさすがに古くなってしまいます。

では、「契約期間内だけど、解約しよう!」と思い、解約するとどうなるでしょうか。仮に他のモバイルルーターと同じく、2年で解約すると、なんと18,800円もの違約金がかかってしまいます。その後も解約月より早く解約してしまいますと、10,000円以上の違約金は覚悟しなければなりません。

他のモバイルルーターであれば、2年間で気軽に契約変更や機種変更ができるにも関わらず、
Yahoo!Wi-Fiの場合は、先ほどお話した通り18,000円と、支払うには躊躇する金額の違約金を払わなければなりません。

こちらの記事も合わせてどうぞ