1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫自宅のwifiは有線LAN/無線LANどっちがおすすめ?

自宅のwifiは有線LAN/無線LANどっちがおすすめ?

自宅でインターネットをしたいと思ったら、モバイル回線ではなく、フレッツ光やauひかり等の光固定回線を導入する方もおられます。
光回線を自宅に引いた後、その回線を有線で使うのか、無線で使うのか迷うこともあるでしょう。
ここでは、どちらを選ぶのが良いのか判断できるよう、それぞれのメリット・デメリットについて解説しようと思います。

有線LANと無線LAN

光回線のコンセントが壁にあると思いますが、そこから出ているケーブルを直接パソコン等につなぐのではなく、まずはモデムという機械につながっているはずです。
そのモデムからは、直接パソコンにつなぐことができます。
それを有線LANといいます。
一方、直接パソコンにつなぐのではなく、いったんルーターという機械につないで、そこから無線で飛ばして、それをパソコンやタブレット・スマートフォン等に内臓されているモデムで受信するというパターンが無線LANです。

有線LANのメリット

  • 光回線の速さをそのまま活かせる
  • 無線LANの場合は、いったんルーターにつないでそこから無線を飛ばすため、ルーターの性能がそれほど高くない場合は、せっかくの光回線のスピードを活かせないことも多いです。
    「フレッツ光のギガファミリーで下り最大1G出ます」といったところで、ルーターがしょぼければ台無しということですね。

  • 通信の安定性
  • 有線LANはパソコンと直接ケーブルでつながるため、回線が途切れたりすることはまずありません、。
    しかし、無線LANの場合は、無線が何かによって妨害されることで、回線が途切れたりすることもあります。

無線LANのメリット

  • 接続する機器は無線が届く範囲ならどこでも使える
  • ルーターは書斎に設置してあっても、隣の部屋の寝室でタブレットでネットを楽しめるといったワザが使えるのが無線LANの良いところです。無線さえ届けば家中でどこでもインターネットを楽しむことができます。

  • 最大6台同時接続できる
  • パソコン、ノートパソコン、PS、タブレット、スマホ等、最大6台まで同時に接続することができます。しかも面倒な配線は一切必要ありません。
    有線LANの場合でも同時接続は可能ですが、一台一台をケーブルでつなぐ必要があり、配線も多くなって見た目にもよくありませんね。
    また、スマホ(特にアンドロイド)は有線接続できないと思った方が良いです。
    iphoneの場合も不可能ではありませんが、アダプターが必要となり、しかも15000円と高価なのでおすすめできません。

まとめ

有線LANを選ぶのは、パソコン1台しか接続しないケースに限られます。
その場合であれば、直接パソコンにケーブルでつなぐことで、光本来のスピードを享受できますし、通信の安定性も確保できるメリットがあります。
しかし、それ以外のケースは無線LANを選びましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ