1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫一人暮らしのWi-Fiはこれで決まり!

一人暮らしのWi-Fiはこれで決まり!

Wi-Fiを選ぶときには、スピードやエリア、料金といったものに加えて、どのようなシチュエーションで使うのかを考える必要があります。今回は、一人暮らしの方にお勧めのWi-Fiについてお話します。

一人暮らしにWi-Fiは必要か

一人暮らしに必ず、Wi-Fiは必要かというと必ずしもそうではありません。例えば、スマホでインターネット閲覧や、SNS、ゲーム等をやる分には特に必要はないでしょう。ですが、youtubeやニコニコ動画のような動画サイトで、動画を見るという方は、Wi-Fiがあったほうがいいです。

というのも、動画の再生はゲームやネット閲覧とは比べ物にならないほどの容量を使う為、Wi-Fiなしでの通信ですと、すぐに速度制限に引っかかってしまうからです。

そこで提案したいのが、光回線の導入あるいは、ポケットWi-Fiルーターの中でもWiMAXを使うことです。それぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しくお話します。

光回線のメリット

光回線のメリットはなんといってもその速度です。最大下り速度が1Gbpsと圧倒的です。WiMAXの場合、最大でも下り速度が440Mbps程度ですから、その違いは歴然です。

光回線のデメリット

反対にデメリットはと言いますと、「固定回線」ということがネックになります。当然、固定の回線ですから、外出先などに持ち運ぶことができません。また、回線を接続するのには工事が必要ですので、すぐに使うことはできません。申込後最大1か月はかかります。

また、ポケットWi-Fiルーター等と比較すると月々の料金も高額で、6,000円~8,000円とかかります。

WiMAXのメリット

では、次にWiMAXのメリットについて見ていきます。WiMAXの最大のメリットはなんといっても、どこでも使えるということです。光回線と違って固定回線ではありませんから、外出先のカフェや職場等、どこでもWi-Fi環境にすることができます。

また、光回線ほどの速度はでませんが、それでも下り速度は最大440Mbpsとかなり速い速度です。この速度があれば、youtube等での動画視聴は全く問題ありません。

ポケットWi-Fiの場合は、通信制限があるのでお勧めはできませんが、WiMAXなら事実上通信制限がありませんので、ストレスなくネットを堪能することができます。

これだけのメリットがあるにもかかわらず、月額料金は、3,411円ですから、非常にお得です。

WiMAXのデメリット

反対にデメリットは、サービスエリア外であれば使うことができないという点です。ですが、万が一購入後エリア外であると判明した場合、返品すれば違約金等は一切発生しないので、安心して申し込むことができます。

光回線とWiMAXどちらに軍配?

ここまで光回線とWiMAXを比較してきましたが、ずばり、WiMAXに軍配があがります。
金額的にもWiMAXは光回線の約半分ですし、すぐに使うことができ、場所を選ばず使うことができるというメリットがあります。

一人暮らしの人が、固定電話をやめて、スマホにしているように、固定回線からWiMAXに移行する流れなのです。

おすすめのルーター

では、その中でもおすすめのルーターを二つ紹介したいと思います。

一つ目は、「WX03」です。こちらは、ルーターを持ち運ぶ人にお勧めです。約110gと軽く小さいので持ち運びにとても便利です。また、最新機種でモバイルルーター最大の下り速度440Mbpsの速度がでるのも魅力の一つです。
バッテリーの持ちもよく、エコモードなら約740分、ハイパフォーマンスモードでも約440分もバッテリーが持ちます。

二つ目は、「novas HOME+CA」です。こちらは家に据え置きにしたい人にお勧めです。
速度は、下り最大220Mbpsと「WX03」には劣りますが、電波の受信感度に優れている為、携帯型端末よりも電波の入りが良いというメリットがあります。

また、有線LANポートがあるので、無線LANに対応していない機器を利用することでもできます。

是非、購入の際は検討してみてくださいね。